CHECK IT DAILY LIFE.

レーザー加工イベント

GERUGA : STAND COLLAR WIND BREAKER


GERUGAから発売中のスタンドカラーウインドブレーカー。3レイヤー素材の、どんなシーンでも活躍してくれるハイテク素材を使用しています。

一昔前の3レイヤーと言うと、硬くてガサガサというような音が気になるものでした。

「過酷な環境下で使用可能な生地という設定上、ハイスペックのためには仕方ないのかな。」なんて思っていましたが、GERUGAがチョイスしてくれた3レイヤーは一味違いました!



柔らかく、ガサガサ音も少なく、快適なんですね。個人的な意見なのですが、先に挙げたような3レイヤー生地は、個人的に普段使いとしては着にくくてタンスの肥やしになりがちなイメージです。良い素材なんですけどね。タウンユースには使いにくい。




しかし、今回のGERUGAのスタンドカラーウインドブレーカーに使われた素材は、ハイテク3レイヤーでありつつ、デイリーに着られるフィーリングで、普段使いしやすくとても素晴らしい素材だと思います。




ところで・・・。

そもそも3レイヤーって何?という方もいらっしゃるでしょう。

アウトドア系のやつだよね。くらいのイメージをお持ちの方、正解です。登山ウェア等によく使われていますね。

3レイヤーとはそのとおり、3種の生地を重ね合わせた生地の総称です。なので、3レイヤー生地と言っても幾つか種類があります。

GERUGAのスタンドカラーウインドブレーカーに採用した生地は、表地にコットンライクな軽量タフタ素材を使用し、特殊ウレタン浸透フィルムをラミネートし、裏地を貼り合わせた3レイヤー素材です。



この3層構造により、透湿・防水・防風・UVカットを得ており、かつコーディネイトし易い素材感と着心地の良いフィーリングでGERUGAのイメージにもピッタリなマテリアルだと思います。




また、表地にコットンライクなナイロン素材を採用していることで、ハイテクな素材感というよりは、落ち着いた素材感が印象的で、デニムやチノパンなどのカジュアル素材に相性が良い見た目に仕上がっています。




あとは、いくら生地が良くても、カッコ悪くては台無しです。

GERUGAでは、その生地が持つ機能性を最大限に活かしつつ、GERUGAブランドの個性をしっかりと与えたデザイン・パターンメイキングを使用していますね!

背面にはバックヨーク切り替えを与えることで通気機能を設けてあり、普段の快適性はもちろん、バイクや自転車の走行時には向かい風による膨らみを軽減させてくれています。

ハーフレングスなデザインには両開きタイプの前開きジップをチョイス。

前面の立体ポケットは二重構造で、普段使いと貴重品入れを差別化しつつ、デザインアクセントとして配置しています。



スタンドカラー部分には緊急用のフードを内蔵し、袖口にはミリタリーで見られるような手の甲を保護する三角ストラップが用意されています。バイクに乗るときなどは、手首からの風や日焼けを防いでくれて、めちゃくちゃ重宝するんですよね。




裾周りにはドローコードもあり、腰回りの調整も可能です。バイクに乗るときは、ここを締めておくと冷風が上がってこないのでお勧めです。



などなど、仕様を見ていってもデザイン性と性能面での調和が取れていて、刺繍ジャケットの様な派手さは無くとも、目を凝らすほどにカッコよさと使い勝手の良さに気付いて貰えるアウターになっていると思います!



ご興味のある方は是非チェックしてみてくださいね☆

宜しくお願いいたします。