CHECK IT DAILY LIFE.

RUDE GALLERY / 2023 SPRING COLLECTION "Dirty pretty things"

俺的名曲紹介 vol.2 ''NO NO NO'' / THE BLUE HEARTS

俺的名曲紹介 vol.2はTHE BLUE HEARTSから、NO NO NOです。前回のブランキー・ジェット・シティの時も悩んだのですが、名曲を絞るのって難しい・・・。まあでも、「良いと思いったら同じバンドの曲であっても何度も紹介してもいいか!」とも思いなおし、今後の展開をかるーく考えつつ、いってみます!

THE BLUE HEARTSは1985年結成のパンクバンド。41歳の私ですが、4歳のときですね。当然、リアルタイムで聴いていたのではなく、小学生の時に友人に教えてもらって、今まで聴き続けています。

当時の僕には、THE BLUE HEARTSは自身の想いを正直な言葉で歌っているようで、そのパンクな音源にのった曲が本当に胸にささりましたよ、ほんと。同じようにこのバンドには多大な影響を受けた方も多いのではないかと・・・?

名曲もいっぱいありますよね!TRAIN-TRAINや情熱の薔薇、月の爆撃機に、1000のバイオリン・・・。そのどれもが思春期の心を打つようで、たまらなく素敵です。僕は今でも打たれていますが(笑)


さて、今回ご紹介する曲は、「NO NO NO」。


ストレートなパンクナンバーですが、この曲の歌詞には率直なメッセージが綴られているように思います。その曲に対して、誰がどう思おうと自由だとは思うのですが、なんだか今の政界情勢と重なって、いろいろ思うわけです。

平和な場所で思いを馳せても、その中身は理解し難いと思います。けれど、戦争なんてせずに笑えあえたらいいのになーなんて。なんだか他にも大切なことがあるのかもなーと。

でもそれを守るために戦争があったりするのかなー。もう、わけわかんないです。誰も死なないで欲しいし、笑っていて欲しい。そんな簡単じゃないんだろうけど、だめかな?



おっと、名曲紹介がズレた方向に行ってしまっているような気がしますね!(笑)

THE BLUE HEARTSでは、オフィシャル YOU TUBEページが開設されています!ハイロウズやクロマニヨンズではブルーハーツの曲を聴けなかったと思いますので、是非こちらで聴きましょう!




ブルーハーツ、いい曲いっぱいあるよねー。
一家に1枚ブルーハーツ。必要ですよね?(笑)